このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

クレジットカードやカードローン、そしてキャッシングなどの利用はわたしたちの生活のなかですっかりお馴染みのものとなっています。実際に利用はしなくてもそうした資金の利用方法は知っている方が多いと思いますが、消費者金融を利用する前には知っておくべき知識もたくさんあります。そのうちの一つが消費者金融の金利というものです。消費者金融の金利はきちんと利息制限法、賃金業法によって上限が定められています。消費者金融での借入に対する金利に関しては2010年に改めて厳しく改定され、10万円未満の借入に対しては金利20%まで、10万円から100万円未満の借入に対しては18%、100万円を超える借入に対しては15%が最大金利と設定されています。

消費者金融を利用したいと考えている方はまず上記の基本的な金利に関する決まりを理解しておくと良いでしょう。そこから自分の借入希望額と照らし合わせて時分がどれだけの利息を払うことになるのかを算出することが大事です。意外と利息の支払いのことをきちんと把握せずに借入をしてしまう人も多いので、この部分は最初におさえておきましょう。もしも貸金業者が上記の範囲を超えて金利を設定した場合は行政罰や刑罰による規制が行われてしまいますので、大手の消費者金融で法定金利を超えて悪徳な請求をしてくる会社は基本的に皆無と考えて良いでしょう。法がしっかりと整備されたことによって安心して消費者金融を利用できるようになりました。